子供のわきが対策ノート・手術?デオドラント?親が出来る対策方法

MENU

子供のわきが対策ノート

もしかしてわきがなのかな?と疑い始めるのは、おそらく10代の子供の頃でしょうか。

 

子供には代謝が活発になることで、皮脂や汗が大量に分泌されるようになります。

 

例えば、子供はニキビが増えたりするのも、これが原因です。

 

また、子どもの頃は気にならなかった汗のにおいが気になりだすというのも、成長期になり汗腺が発達してきた証拠です。

 

ですが、子供はわきが対策でもそうでなくても誰でもにおいが強くなるもの。
では、どういう場合がわきがなのでしょうか。

 

一般的にわきがは遺伝すると言われています。

 

親のどちらか一方でもわきがである場合は、その子どもにもわきがが遺伝している可能性があります。

 

また、簡単なセルフチェックも今ではネットできるようになっているので、気になる場合はチェックしてみてもいいかもしれません。

 

わきがの人の特徴とよく言われるのは、耳垢の状態です。

 

じめっとした耳垢の場合は、特にわきが体質の特徴と言えます。

 

また、洋服のわきの部分が黄ばむというのもわきがの特徴です。クリアネオは効かないと言われていますが、私には効果があったのでおすすめです。

 

その場合は、子供ににおいが気になるというのが、子供という理由だけではく、わきがが原因と考えられるでしょう。

 

ですが、まだ10代の場合はまだ成長期の途中なので、すぐに手術というわけにはいきません。

 

もし軽度の場合はこまめに洗ったり、デオドランドシートでふき取ったりすれば、それほど気にならないレベルにはなります。

 

すぐに重度のわきがになるわけではないので、例えば食生活を見直して、においのもととなる肉類よりも野菜中心にしたり、体質改善をしていくことも大切なことと言えます。

 

 

 

子供の頃のワキガ体験談

 

ワキガを知り、自分の脇の臭いを嗅いでから、汗をかかない様にと考えていましたが、そう考えると逆に汗が噴出してしまうのと、人が多くいる場所(繁華街の人混みや満員電車)内で、自分のワキガの臭いが周囲の人に迷惑をかけていて申し訳ない気持ちでいっぱいになります。また、混んでいる電車内でも手を上げて吊革に掴むと、脇のにおいが周囲に広がるのでなかなか手を上げられない。

 

そして、下着がすぐに脇の部分だけ黄ばんでしまい、洗濯しても落ちないのが辛いです。汗をかいた時は特に黄ばみがひどく、下着だけでなく服にも脇の臭いが移っていないか心配になったりもします。

 

他にも初めて会う人に不快な思いをさせないだろうかとか、席に座った際に周囲の人に臭いで迷惑をかけていないかなど、外出時の周囲への視線が気になります。

 

外出時や外出先で時折、制汗スプレーを使用したりしてこまめに臭いを防いでいるつもりでも、帰宅したとの下着のわきの部分が黄ばんでいると愕然とします。